あなたにもできる犬のしつけ方

なぜあなたの愛犬は言う事をきいてくれないのか?

  



“あなたの愛犬をお利口にしたい…”



なぜ?あなたの愛犬が吠える、噛む、トイレ、
散歩の時に引っ張るなどの問題行動するのか?

どうすれば?自分の愛犬がお利口になるのか?

答えは、簡単答えは簡単です。

 たった3つのことを実践すれば、
あなたの愛犬の問題行動は改善します。

犬のしつけのプロが、あなたにもできる愛犬の
しつけ法をお教えします。

>>>犬のしつけ教室

実践者の方の声は・・

fujii-dog_disc3.jpg

>>>犬のしつけ教室

○短時間で解決したのは驚きです
愛犬:プードル

■しつけ前の悩み

いきなり他の犬に近寄られると怖がってしまう。

■しつけ後

この本を、見ながらしつけをしていたのですが、
やり方が違ったんだなというところがありました。

ずいぶん落ち着くようになったと思います。

こんな短時間で驚きました。

しっかりのリーダーシップを発揮し、この子が
安心してお散歩できるようにしていきたいと思います。



なぜ?犬のしつけが上手くいかないのか・・

leaderwalk.jpg

>>>犬のしつけ教室

その原因は、2つあります。

間違ったしつけの常識を広めてしまった
メディアと犬のしつけの指導者にあります。

実際、このようなことが新聞に掲載されて
いました。

ほめて築く信頼関係という見出しで、

記事には
『犬をしつけるために大事なことは、
主従関係ではなく信頼関係を築くこと』
と書かれていますが…

実は、これは間違いです。

犬は、ほめられても嬉しくありません。

ほめられて嬉しいのは、言葉がわかる
人間だけです。

犬の文化と人間の文化は異なるのです。

犬の特性や習性、歴史が研究された犬の行動学で、
主従関係は犬の特性そのものと証明されています。


愛犬の3大しつけ法とは?


『愛犬の問題行動』に悩む飼い主さんたちは、
間違って広まってしまった犬のしつけ法や
飼い方のせいで、正しい知識を持っていません。

このような方は、特に次のことを覚えておいて
下さい。

しつけを正しく行うためには、3つの方法を
覚える必要があります。

どんな犬種でも効果的にしつけることができる
方法が、3つのしつけ方法です。


犬の習性、特性を上手く利用して
“あなたが強いリーダーシップを発揮できる”
“主従関係を確実につくることができる”
のがこの方法です。

【リーダーウォーク】
【ホールドスティル&マズルコントロール】
【タッチング】

この3つの方法でしつけを行うと、
主従関係が出来上がっていき、
あなたの愛犬の問題行動がなく
なっていきます。

飼い主のあなたをリーダーと認めて、
信頼関係が築かれます。

>>>犬のしつけ教室

Copyright (C) 2011 All Rights Reserved.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。